ANAで飛びたい

マイル、ポイント、クレジットカードなど。ポイントを貯めてマイルに交換&ANA機に乗るブログ。夫婦で運営しています。

ヒルトン・グランド・バケーションズの説明会へ、2019年2月に参加しました

f:id:ana-zoom:20190310204018j:plain

遠くに望むダイアモンドヘッド

こんにちは、ずーむです。

先日北海道旅行へ行ったときのコト。到着時の新千歳空港でランチをして、お土産の下見をしていたところ、真ん中の広場で「ヒルトン・グランド・バケーションズ バケーション・オーナーシップ(タイムシェア)販売説明会」参加の勧誘を受けました。なんだか良く分からなかったのですが、ハワイの3泊無料宿泊券をくれると言うので、とりあえず夫婦そろって参加し、話を聞いてくるコトにしました。でも、ヒルトン・グランド・バケーションズって、そもそもなんなんでしょう?それに、説明会ってなんか怖いケド大丈夫?

そんなわけで今回は、同じ疑問を持った人のために、ヒルトン・グランド・バケーションズの説明会に参加した様子をシェアいたします。

 

スポンサーリンク
 

ヒルトン・グランド・バケーションズって?

ヒルトン・グランド・バケーションズは、ハワイをはじめとした世界の有数のリゾート地で、別荘を提供している会社です。日本にもそのホテルがある「ヒルトン」系列の会社なので、素性がはっきりとしていて安心ですね。

 

そして、その提供する別荘には、以下のような特徴があります。

・普通に購入すると高額な別荘を、1週間単位に分割して、1/521年を52分割)の価格で販売

1年のうち、1週間だけ購入した別荘に宿泊可能

・部屋はリビングと寝室が分かれており、キッチン、電子レンジ、洗濯機等の滞在するための施設が整っている

・土地も含めて購入しているので、永代所有権を持ち、相続可能

・不要になった場合には、売却処分も可能

・別荘への1週間の宿泊はポイントで管理されているので、そのポイントを使って、別のヒルトン系列の別荘やホテルへも宿泊可能

 

今回説明会に参加した限りでは、ポイントの汎用性が非常に高く、使い勝手の良いシステムです。「ハワイに別荘が欲しい!」といった、はっきりとした目的がないなら、ヒルトンが数多くある米国本土でお手ごろな物件を購入し、そのポイントで世界中の好きな場所のホテルやコンドミニアムに泊まるのが良い感じ。

ヒルトン・グランド・バケーションズの日本向けプロモーションとしては、「ハワイに広くて快適な別荘を」という感じですが、ハワイにこだわらないでポイントをうまく使い、好きなところへ旅行してヒルトン系列へ宿泊する方が良さそうでした。

 

ヒルトン・グランド・バケーションズ バケーション・オーナーシップ説明会って?

ネットでは、「ヒルトンタイムシェア説明会」とか「ヒルトン・グランド・バケーションズ説明会」と、呼ばれることが多いです。前述の別荘を所有するためのシステムを説明してくれ、その場で(後でも良いです)購入を決めるとオーナーになるコトが出来ます。

説明会場は日本各地にあり、場所と日時をこちらで選んで予約するコトになります。今回は、旅行先の札幌市内で、その日のうちに受けるコトにしました。説明会への勧誘は、日本全国の空港やショッピングモールでおこなっているため、目にしたコトがある人も多いのではないでしょうか。

 

説明会と聞くと、そこそこのサイズの部屋に大勢の人が集められて、仕込まれたサクラやスタッフにお得感を煽られ、最終的につい契約してしまうような、怪しい印象を抱いてしまいますが、実際には半個室で一人のスタッフから、冷静な状態で説明を受けられるようになっていますので、安心してください。

 

説明会の様子

新千歳空港で勧誘を受け、その日のうちに夫婦で説明会へ参加しため、ヒルトン・グランド・バケーションズに対する知識は、ほぼ持ち合わせていませんでした。「空港やアウトレットで見かけたなぁ」程度の知識で、こわごわ参加。

 

説明会場に到着し受付を済ませると、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチリゾートの模型がどーん!!と、目の前にあるソファーで、しばらく待つように言われます。周りには、リゾート地を演出したパネルや観葉植物も置いてあって、昨年ハワイ旅行した記憶がよみがえります。ちょうどアラモアナセンターへ向かうトロリーの車窓から、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジが見えたので、「いつか泊まりたいねー」と、夫婦で会話したのも何かのご縁なのでしょうか?

 

しばらくして担当のおねーさんがやってきて、説明会のお部屋へと案内してくれました。部屋にはドアが無く、パーティーションも上が空いているタイプなので、開放感があり圧迫感はありません。部屋というよりも、目隠しつきの相談テーブルみたいな感じです。

 

テーブルにはモニターが埋め込まれ、おねーさんがタッチして操作します。壁にも大きなモニターが設置してあり、テーブルのモニターから、壁のモニターへ向かって、画面をフリックすると、テーブルのモニターで再生されていた動画が、壁のモニターへを飛んでいく凝った仕掛けになってました。これはちょっと文章では分かりづらいので、是非説明会へ参加してオーナーになっていただき、実物を見てきてください笑。

 

おねーさんによる説明は、まず最初に90分の時間がかかることへの承諾を得てから、①アンケートやそれを元にした質問②動画を交えたリゾートの説明③タイムシェアシステムの説明、以上3ステップで行われます。基本、説明会に必要な時間は90分。ただし、話が盛り上がるとそれ以上かかる場合もありそうです。

ちなみにずーむ家の場合は、途中でマネージャーさんが登場して、話が大変盛り上がってしまったので、約3時間説明会場にいました!長居してしまい、逆に営業妨害になったかもです笑。

 

おねーさんも、マネージャーさんも、非常に話がうまく、楽しい気分にしてくれますし、聞いてて対屈しません。それに、終始ニコニコと対応してくれるので、いやな気分になるコトは一度もありませんでしたよ。

 

それでは、以下に順を追って説明会の様子について、お伝えします。でも、あくまでもずーむ家の場合ですからね!

 

スポンサーリンク
 

アンケート

まず最初にアンケートがあり、アンケートを書いている間にドリンクのサービスをしてくださいました。アンケート内容は、大体こんな感じです。

・職業、年齢、世帯収入

・過去の海外旅行回数、場所

・旅行に行く時期(何月?)

・最後の海外旅行はいつ?

・旅行はツアー?個人手配?

・ヒルトン利用暦

・将来行きたい場所

・ハワイへの旅行回数

 

アンケートは丁寧に、正直に記入しました。ヒルトンはTDL旅行時に泊まったくらいしか経験はありません。海外旅行経験はまだ3回、ハワイも1回だけ。旅行はいつも個人手配で、旅行の時期は年末年始とゴールデンウィークしか無理。カレンダーどおりがお休みの職業。将来行きたいのは、ハワイとアジア全般とヨーロッパ!

と、こんな感じで記入しましたが、「カレンダーどおりの休日」と「行きたい先に米国が無い」コトで、少し営業しづらそうにされてました。理由は、日本人の休みが重なる年末年始やGWのハワイのタイムシェアは予約が取りにくく、代替案の旅行先として、ヒルトンがたくさんある米国への旅行を、勧めづらかったからだと思います。

 

アンケートを元に質問

続いて、先ほどのアンケート結果を元にいくつか質問され、ずーむ家にぴったりの物件を探してくれました。探すと言っても、今回はオアフ島にある「ザ・グランド・アイランダー」の販売説明会みたいなものでしたので、その中のお部屋から選んでもらいます。

口頭での質問は、こんな感じ。アンケートとかぶっているものもあります。

 

・旅行の手配でパック旅行は使わないの?

・ハワイに行ったコトはある?

・最後に海外旅行へ行ったのはいつ?

・次に行くのはどこ?

・これからハワイに何回行きそう?

・ハワイ旅行時のホテル代はいくらかかった?

・ドイツ旅行時のホテル代はいくらかかった?

・ホテルも自分で手配してるの?

・それぞれの旅行で飛行機代はいくらかかった?

・もしかして、リ・・・リクマイラーなの?

 

旅行にどれくらいお金をかけているか?人生の中で旅行がどれくらい重きを成しているか?そんなコトを聞き取るための質問でした。それによって、旅行先の滞在にかける費用がかわってきますもんね。的を射た質問だと思います。

ずーむ家では、飛行機代が基本無料なので、ホテル代はそれなりにかけられます。おねーさんの目が、キラーン!と光ってました。飛行機代が無料のお話はコチラからどーぞ。

 

私からは、「昨年人生で始めての海外旅行に、夫婦でハワイへ行ってから、海外旅行にはまりました!1年間でハワイ、オーストラリア、ドイツに行って、今年はGWにバリ島とシンガポール、年明けにハワイに行きたいです!」と、お話しすると、おねーさんの目が、ギラギラギラーン!!と、輝いていました。ロ、ロックオン?

 

そして、ちょっとびっくりしたのが「もしかして、リ・・リク・・リクマイラー?なんですか??」と、聞かれたコトです。ずーむ的には「オカマイラー」ですが、それは横においておいて、「陸マイラー」という言葉がここまで浸透してきてるんだな~と、少し感慨深かったです。ただ、毎年無料でビジネスクラスを使った海外旅行が出来るくらいのマイルが貯まるとまでは、思っていらっしゃらない様子でした。

 

ステキなお部屋動画とおねーさんによるリゾート説明

さらに続いて、動画を見ながら、おねーさんによるリゾート説明が始まります。お部屋の設備とか、施設の場所とか。お部屋はどれもめっちゃ広くて、一番狭い部屋で1LDK(約70㎡)。70㎡はどれくらい広いか、陸マイラーになじみのあるもので例えると、クレジットカード(0.00462㎡)15151.5枚分です!部屋には、キッチン・レンジ・洗濯機などなど、長期滞在に必要な施設が充実。もちろん部屋の掃除はしなくて良いですし、タオルやシャンプーなどの消耗品も、一式そろってます。高級な物件だと、滞在中にも掃除をしてくれるそうです。

 

すごいですね、こんな広い部屋でゆっくりと滞在したい!それに、初ハワイのときも、途中で外食には飽きてきたので、キッチンがあるのはありがたい。でも、せっかく遊びに来てるのに、誰がご飯作るの?問題は未解決。まぁ、ABCストアでフルーツを買ったりして食べるのに良いですね。

それにリビングとベッドルームが別々で、ベランダ(ラナイとは呼んでいなかった)があるのも良いですねぇ。サンセットを見ながらビールを飲みたいです。でも、手が届きそうな物件は、海なんて見えませんケド。

 

タイムシェアのシステム説明と購入価格提示

さて、夢のようなリゾートの動画から一転、タイムシェアのシステム説明がありました。システムについては最初のほうにちょこっとだけ書いていますが、ご自身でお聞きになり、納得のいくまで質問をされる方が良いと思いますので、詳細は割愛します。おねーさんは、こちらの疑問には必ず答えてくださいますし、納得いくまでお付き合いしてくださいます。安心してください。

 

そして、いよいよ価格提示です。ぼんやりと「1千万円くらいするんじゃないのかなぁ。絶対に無理だわ。」と、思ってましたが、提示されたのは約650万円。あれ?思ってたよりも手が届きそうですね。毎年2回海外旅行してホテル代が25万円ずつかかるなら、1年に50万円必要。てことは、13年間で回収・・・?毎年1回の海外旅行なら、26年間で元が取れる・・・?ええ?本当に計算合ってる?

 

とはいえ、そんな単純な話ではないはず。おねーさんに、「初めて所有して試してみるなら、安ければ安いほうが検討し易い」旨を伝えると、「隔年プラン」や「利用可能シーズンを限定したプラン」なども見せてくれました。一番安価なもので、約300万円の価格でハワイの別荘が一部屋、所有できるようです。もちろん上はいくらでもありますし、部屋の広さ、ビュー、利用可能なシーズンなどなど、いろんな条件を付けていって、最低価格がその辺りだそう。

 

おねーさんとやり取りしながら、年間管理費や生涯あと何回海外旅行できるかなどを考えて、エクセルで比較表を作って、ホテルを使い続ける場合とタイムシェアを購入する場合と、全力で比較したいなーと、考えていると・・・・いつの間にか90分を、余裕で過ぎていました。

 

ここで終わるはずが・・・ラスボス登場!?

約束の90分はとっくに過ぎていましたが、興味津々でいろいろ質問していると、おねーさんの上席に当たるマネージャーの男性が登場。ここでヒルトンはやっぱすごいなぁと思ったのは、相談者(ずーむ夫婦)に威圧感を与えないように、おねーさんと二人では説明に当たらず、マネージャー1人と入れ替わったコト。2人で対応したほうが、絶対営業し易いはずですが、それよりもブランドイメージを傷つけないことを優先してるんだなと、かなり好印象です。

そしてマネージャーさんは、こんなことを聞かせてくれました。

 

・購入の決断は、今のホテルと利用金額を比べるものではない

・より良い体験を得てもらうために、今ここで決断をすると今後の人生が楽しくなる

・不要になった所有物件の販売はお手伝いするし、大体1/31/2の価格で処分可能

・ハワイは予約が取りづらいとネットで書かれているが、安い物件は部屋数が多いので、所有物件の予約開始直後なら繁忙期でもまず予約できる

12/311/1だけは特別に予約が取りにくい

・アメリカ本土には非常に多くの物件が有るので、ゴールデンウィークだとしてもアメリカで予約が取れないことは、まずない

・必要ポイントの高い良い部屋は、部屋数が少ないので、繁忙期の予約は厳しい

・ハワイ以外の他地域で物件を購入し、そのポイントでハワイに泊まるのもあり

・毎年ハワイに行く必要はなく、他地域のヒルトン系列ホテルやコンドミニアムに宿泊すれば良い

・国内でもポイントは使える

・即決してもらえるなら、ポイントを○万追加でプレゼント

・その他ホテル話など

 

マネージャーさんの話に聞き入り、時には質問し、途中からはタイムシェアの話はほぼしなくなり、ホテル業界の話や旅行観、家族の話などをしながら、とても楽しく盛り上がっていると・・・なんと3時間が経過しようとしていました。

 

あっさりと解散

ここでふとわれに返り、「さすがに3時間近くも話を聞いていると疲れてきて、まともな判断が出来なくなってきました。」と、伝えると、「そりゃそうですよね。」と、マネージャーさん。勧誘を受けた際に約束したヒルトンの3泊無料宿泊券と、私物のオーナー向け雑誌などをおまけにプレゼントしてくれ、名残を惜しみつつの解散となりました。ホント、いろんな話が聞けて楽しかった!

f:id:ana-zoom:20190310205352j:plain

波に乗るサーファー像

まとめ

ヒルトン・グランド・バケーションズの説明会は、全然怖くありませんでした。とても礼儀正しく話題豊富なスタッフから、これからの海外旅行ライフにおいて、すばらしい経験と快適な滞在を得る選択肢について、詳しく隠し事なく説明してもらえます。

また、タイムシェア物件の購入についても、「ハワイに別荘を所有している」という満足感だけの話ではなく、70㎡もある部屋にいつも宿泊する人や、今後何十回もハワイ旅行をする人などにとっては、金額的にもお得になると思います。

特に私達のように、飛行機代を気にしない陸マイラーにとっては、とても相性の良いサービスだなーと思いました。興味のある人は是非、説明会に参加して、詳しい内容を聞いてみてください。

 

おすすめ記事

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

 

スポンサーリンク