読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAで飛びたい

マイル、ポイント、クレジットカードなど。ポイントを貯めてマイルに交換&ANA機に乗るブログ。夫婦で運営しています。

憧れのスーツケースRIMOWA(リモワ)を、大阪で実際に見れる2店舗に行ってきました

f:id:ana-zoom:20170310172707j:plain

こんにちは、ずーむです。

 

RIMOWA(リモワ)の実物を、どうしても見てみたかったので、大阪にある実店舗に行ってきました。

来年ハワイへ1週間ほど旅行するので、そのときに使うためのスーツケースが欲しいんです。

というわけで今回は、大阪にあるリモワ実店舗の場所とか雰囲気とか、その辺りのお話です。

スポンサーリンク
 

憧れ

今までスーツケースにそんな憧れもなかったのですが、ブログを始め、さらにツイッターを始めた辺りから、急に欲しくなってしまいました。というのは、皆が「これ良い!」と話しているのを見たり、購入した報告を聞いたりしていると、「そんなに良いものなの?」と、興味を持ち始めたのがきっかけで、ビール片手にネットで調べてみると・・・カッコイイ!

 

スーツケースのブランドは、恥ずかしながら「グローブトロッター」と「ゼロハリバートン」しか知りませんでした。リモワのスーツケースは、質実剛健というか機能美を感じるデザインですね。「実物を見たかった」と導入部分で書いていますが、駅でちょっと観察すると実物はいくらでも見れる感じです。思ったのは、凹んでいるリモワはあまり見ないな~ってコト。皆さん綺麗に使ってらっしゃるんですね。それか、サンプル採取を駅で行ったので、旅行ではJRばかり利用している人の方が多かったのかな?

 

リモワストア大阪ヒルトンプラザウエスト

 

f:id:ana-zoom:20170310172707j:plain

大阪府大阪市北区梅田2-2-2

ヒルトンプラザウエスト地下1

営業時間:11002000(不定休)

 

f:id:ana-zoom:20170310172849p:plain

まずは、大阪駅から徒歩すぐ、「リモワストア大阪ヒルトンプラザウエスト」へ行ってみました。場所は、大阪駅から南に向かって地下を歩き「6-77」の辺りです。地上を歩くとヒルトンプラザが目の前に見えているのですが、なかなか到着するコトが出来ません(笑)。

 

店舗に近づくと、鯉と日の丸をイメージさせるディスプレイが目を引きます。「RIMOWA」サインの青色との対比が良いですよね。向かって左側は、世界初となる電子タグの映像が並んでいます。でも、私にとってはオーバースペック。今のところ電子タグの出番が全く思い浮かびませんが、数年の内に国内の空港(というか、航空会社が導入するものなのかな?)でも利用できるようになるのでしょうか?部品数や壊れやすそうな部分が増えたり、給電の必要があったりと、スーツケースとして不便になっているような?まぁ、にわかの私には分からないコトがあるのだと思います。

 

店舗に12時ごろ到着したときは、店内に誰も居ませんでした。ドアは半分開けてあり、私のようなリモワ初心者にも、文字通り門戸を開いているように見えます。向かって正面には「LIMBO」が置いてあり、白黒のものはパンダみたいでかわいいですね。

店舗の前でこっそり写真を撮ってから中を覗き込んでいると、スーツを着てきりっとした顔つきをしているお姉さんと目が合い、吸い込まれるように店内へ。私はこういう誰も居ない店内に入るのが非常に苦手なのですが、その有無を言わさないお姉さんの目力と、「リモワを、ちゃんと見たい」という気持ちから、すんなりと入ることが出来ました。

 

トパーズかっこいい

f:id:ana-zoom:20170310172943p:plain

公式サイトより引用

さて、こちらを注視しているお姉さんとガッチリ合っている目線をそらして、ちょっと挙動不審になりながら店内へ。それほど広くない店内ですが、スーツケースの展示数を絞っていて、動きやすく見やすい配置となっていました。カラバリのあるモデルを手前に配置して、正面奥のリモワサインのある壁には、主力のトパーズなどアルミのモデルが配置してあります。

 

土曜日でしたが、スタッフ3名に対してお客さんが他に居なかったので、話しかけられる覚悟でトパーズを見ていると、やっぱり先ほどのお姉さんがやってきました。このときに、もし完全なる冷やかしでしたら、そそくさと退店したくなる性格なのですが、今回は違います。今日決めるつもりは無いにしても、本当に欲しくて見に来ているんですから、堂々(ちょっと動揺してたかな(笑))とお話をうかがうコトが出来ました。

 

f:id:ana-zoom:20170310173038j:plain

1週間の海外旅行予定であるコト、ネットで調べるとすごく重そうに感じたコトを伝えると、82Lのトパーズを床におろしてくれて、「そちらの日程でしたら、こちらのサイズをおすすめしております。6.9Kgありますが、アルミ素材の物の中ではとても軽いものとなっております。実際に重さなどを感じてみてください。」と、勧めてくださいました。

 

実際に持ち上げてみたところ・・・おお!?軽い!

7Kgというのは、そんなに重くないんですね。飛行機に乗る際には持ち上げる必要が無いですが、移動のJRやバスでは、階段があったりするので、必ず持ち上げる機会があると思います。そのときの心配をしていたんですが、これくらいの重さなら階段も運べるかな~?と思えました。

しかし、実際に旅行するときには荷物が入っているので、このサイズに詰め込んだら2030Kg(無料の手荷物預け重量制限が23Kg32Kg)ぐらいなっちゃいますよね。それでも持ち上げられるのかな?それはやっぱり心配です。

 

スポンサーリンク
 

ハンドルを伸ばしてコロコロしてみました・・・おお!?スムーズ!

さすが4輪ですね、前後左右どちらでもスムーズに動きます。2輪と違い、スーツケースが真横にある安心感もありますね。2輪だと斜めに引きずる格好になるので、たまに思いがけず人にぶつかるコトがあります。また、スーツケースを置く際にも、いったんまっすぐ直す必要があったのですが、4輪なら手を離せばそのまま自立しているので、立ち止まる際にも簡単ですね。

 

持ち上げたりコロコロしたりしていると、お姉さんから「開けてみて中をご覧になりますか?」とオファーしていただきました。もちろん見ると即答して開いてもらいます。スーツケースを開くには、それようの台があって、ちょうど手が届く高さにおいてくれます。写真でトパーズが横向きにおいてあるあの台がそれですね。

 

今まで中がどうなっているのか知りませんでしたが、開けてもらうと荷物が少ないときに、スーツケースの中で荷物が暴れないようキチンと押さえ(フレックスディバイダー)がついていました。すごく考えて作られているんですね。そして、フレックスディバイダーで少ない荷物を押さえて、ベルトで固定するようになっています。これなら旅行先でたくさんお土産を買うつもりで、大きめのサイズを持っていっても、荷物がかたよるコトなく運べますね~。今使用している「Zuca Pro」は、小分けできるポーチで調整するようになっているので、リモワもZucaもどちらも良い構造だと思います。

www.zucastore-jp.com

トパーズステルスかっこいい

f:id:ana-zoom:20170310173603j:plain

お姉さんに写真撮影の許可をもらって、遠慮がちに何枚か撮影。

店舗の真ん中にあるサインの真下にトパーズステルスがディスプレイしてありました。アルミの素材そのもののトパーズもいいですが、黒もかっこいいですね。使い込んでいくと、リムに沿って塗装がはげていき、良い感じになるそうです。また、トパーズとの違いは、①塗装②価格③ディバインダーが片方ガーメントバッグ(スーツを入れられます)になっているところでした。先日CAさん(ドイツの方っぽいと勝手に思って見てました)が使っているのを見たんですが、それはそれはかっこよかったです。

 

トパーズチタニウムかっこいい

f:id:ana-zoom:20170310173647j:plain

そのステルスの隣には、トパーズチタニウムがディスプレイされていました。トパーズに比べて落ち着いた色合いが良いですね。こちらもトパーズとの違いは、①塗装②価格③ディバインダーになり、ステルスと同じ仕様になるようです。隣に見えている赤いのは、たぶんサルサエアーかな?

 

カタログもらってきました

f:id:ana-zoom:20170310173815j:plain

一通り話を聞くと、お姉さんがカタログをくれました。カタログは2冊あり、「商品詳細2016」と、「コレクション2016」になります。「商品詳細2016」は、その名のとおり各モデルのスペックが分かるようになっています。容量、縦横サイズ、重さなど、それにTSAロックの数や、ガーメントバッグの有無などが分かるようになっています。モデルやサイズを選ぶ場合は、こちらのカタログを参考にするといいと思います。

 

f:id:ana-zoom:20170310173750j:plain

「コレクション2016」は、カタログと言うよりも、1冊の読み物になっていて、リモワを好きにさせる本ですね。約120ページのボリュームで、「和」を全面に打ち出した中身になっています。リモワがお好きなら、一度ご覧になるともっと好きになるかもしれません。私がもらったのは2016年版ですが、最新は2017版になります。

ちなみに、最新版をこちらからダウンロードできます。

https://www.rimowa.com/ja-jp/catalogue

 

リモワストア大阪心斎橋

f:id:ana-zoom:20170310173912j:plain

大阪府大阪市中央区南船場4-4-10

営業時間:11002000(不定休)

駐車場:購入者へ1時間無料券進呈

 

f:id:ana-zoom:20170310175229j:plain

JR大阪駅から徒歩7分の位置の大阪市営御堂筋線「梅田」、そこから「心斎橋」までさらに7分。合計で大阪から約15分の位置にあります。こちらも鯉がディスプレイされていますね。

先ほどヒルトンプラザウエスト店に入りましたので、すっかり常連気取りです。堂々とドアの前に立ち、おもむろにドアを開けようと試みると・・・うわっ!勝手にドアが開きました。そうなんです、こちらの店舗には、ドアを開けてくれるイケメンのお兄さんが居て、こちらのタイミングに合わせて案内してくれるんですね~。さすがリモワ。

 

すっかり出鼻をくじかれて、再び挙動不審で店内に入りました。周りをぐるっと見回すと、明らかにディスプレイされているスーツケースが多いです。モデル数は変わらないかもしれませんが、サイズの豊富さでは、先ほどのヒルトンプラザウエスト店とは比較になりません。もし、大阪でリモワを見てみたいのでしたら、絶対リモワストア大阪心斎橋店をおすすめいたします。

 

そして、中に入り改めていろいろとお姉さんに聞いてみました。と、ここで気になったのが、「お姉さんは白い手袋をしている」コトです。

白い手袋と言えば、ジュエリーショップの店員さんかタクシーやバスの運転手さんしかしていないプロの証ですよね。まさかこんなところでお目にかかるとは思いませんでした。

それと言うのも、スーツケースを本当に大事に扱って、指紋ひとつ残さないように細心の注意を払っているのだと思います。さすがですよね、これなら安心して定価で購入できるな~と思いました。

 

2階もあります

f:id:ana-zoom:20170310175322j:plain

ヒルトンプラザウエスト店に比べて、売り場面積も2倍くらいあり、こちらが関西の旗艦店になるのでしょうか。公式サイトによると、世界最大規模だそうです。1階には主にアルミのスーツケースやサルサデラックスなどが置いてあり、2回にはサルサエアーなどがあります。画像は全く2階とは関係ありませんが、カタログをもらったときの紙袋。とても作りが良いですよ、これ。何回も通って毎袋ももらいたいくらい(笑)。

 

必要なサイズ

今回リモワに来たのは、ハワイ旅行のスーツケースが必要だから。サイズ的には8285Lをおすすめされました。でも、このサイズって、7泊以上の海外旅行でしか使えませんよね。リモワがすごく気に入ったので、もっと普段から使いたいと思うのに、1泊の出張や温泉旅行でこのサイズをゴロゴロするのもなにか恥ずかしいものがありますよねぇ。

 

欲しいサイズ

リモワがとても気に入ったので、なるべく多くの出番を作りたいと思うのも仕方ないですよね?とゆーわけで、1泊~3泊までの機内持ちこみ可能なサイズが欲しくなりました。だって海外旅行はそんなに回数いかないですが、国内なら何度も旅行しますよね。リモワをコロコロするたびに、うっとりと恍惚の表情を浮かべて見つめている自分の姿が思い浮かびます。でも、そうするとすでにZucaを所有しているので、必要の無いものを購入すると言う暴挙に出るコトになるんですよねぇ。どうしたら良いのでしょう?

 

良いツール(リモワ)は、旅を満足のいくものへと変化させる

自動車整備屋さんが買うSnap-onの工具やゴルフ好きが買うドライバーなど、世の中には、ツールにお金をかける人はたくさん居ます。ツールがどこのブランドだとしても、同じように目的を果たせ、利用できるはずですよね。それでも目的(車を仕上げる、良いスコアでラウンドするなど)のため、少しでも良い結果を出せるように、より良いツールを欲しくなるのは、その結果に満足したいからだと思います。満足というのは、「できるコトは全てやった」と、自分が納得できるかどうか、気持ちの問題では無いでしょうか。

 

リモワを購入すると、旅の荷物をパッキングする前夜、玄関から颯爽と飛び出す早朝、空港での手荷物受け渡しとターンテーブルでの待ち時間、ホテルで荷物を解くときなど、テンションの上がる瞬間がたくさん出来ると思います。それはただでさえ楽しみにしている旅を、より良いものへと変化させてくれる手助けをしてくれそうですよね。

 

あれ?なんかここのくだりが強引・・・購入の必要性をなんとか説明しようと試みた結果なのですが、うまくいきません(笑)

 

リモワは目的となる

ここまで書いてみて、分かったコトがあるんです。私は必要があるからリモワのスーツケースが欲しいのではなく、リモワが欲しいんだ!!ってコト。いやー、趣味ならお金に糸目をつけませんよね(ちなみにリモワスタッフのお姉さんは、価格について一切お話してくれませんでした)。これってSFC修行に似ているような気がしました。SFC修行も、あれこれと理由をつけて必要性を論じ、自分を納得させて、結局は飛行機に乗りたいだけだと言う・・・

ちなみにSFCの必要性については、こちらで考察しています。

www.ana-zoom.com

 

まとめ

大阪でリモワを見るには、大阪駅のすぐ近くで見られるコトが分かりました。また、心斎橋まで足を伸ばせば、もっとたくさんのリモワに触れるコトができます。

お店にはスタッフがたくさん居てお客さんが少ないので、入店にはある程度の覚悟が必要ででしょう。

リモワは本当にかっこよくて見てると必ず欲しくなります。見に行かないほうがお財布にやさしいのかもしれません。

 

また、ぐだぐだと御託を並べてリモワの必要性を説き、購入を正当化しようとしましたが、結局は「欲しい」で終わってしまいました。何かの購入をためらっているときは、「趣味ですから」で済ませるのが一番簡単な理由だと思います。SFC修行も同じですね(笑)。

 

おすすめ記事

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

スポンサーリンク