読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAで飛びたい

マイル、ポイント、クレジットカードなど。ポイントを貯めてマイルに交換&ANA機に乗るブログ。夫婦で運営しています。

陸マイラー登録必須の中継サイト、.money(ドットマネー)の基本情報

f:id:ana-zoom:20161108230329j:plain

こんにちは、ずーむです。        【更新2016年12月20日】

 

最近陸マイラー活動を開始された方の中には、どのポイントサイトに登録したら良いのか、分からない方もおられるかと思います。

有名なハピタスや、ちょびリッチ。、GetMoney!などなどたくさんありすぎて、正直なところどこのポイントサイトに登録していいか、悩んでしまいますよね。

 

しかし、ポイントサイトは数限りなくありますが、その獲得したポイントを、効率よくマイルヘ交換するために必要な「ソラチカルート」上の中継サイトは、もはや一択といって過言ではありません。

どのポイントサイトに登録したら良いのか悩んでいるのなら、まずは第一歩として、絶対に必要になるコチラの中継サイトへ、登録してみてはいかがでしょうか?

 

というワケで今回は、陸マイラーたるもの登録必須のポイント中継サイト「.money」(ドットマネー)について、紹介します。

 中継サイトとは?

ポイントサイトという言葉はよく耳にするかと思いますが、「中継サイト」ってあんまり聞かないですよね。

厳密には、そんな区分はないのだと思いますが、ここでは「ポイント獲得のために登録するサイトではなく、各ポイントサイトで獲得したポイントを、効率よくマイルヘ交換するために、中継するサイト」と、定義しておきます。

 

陸マイラーとなり、各ポイントサイトでポイントを貯めていても、そのままではANAの特典航空券に交換できるワケではありません。

特典航空券に交換するには、各ポイントサイトのポイントを、ANAマイレージクラブのマイルへと交換する必要があります。

 

効率よくマイルを交換するには、数あるポイント中継ルートの中で、唯一1.00.9という高効率でマイルヘと交換できる、東京メトロポイント(ソラチカ)へと、ポイントを集約する必要があります。

各ポイントサイトでポイントを獲得し、東京メトロポイント(ソラチカ)へポイントを集約するには、前述した「中継サイト」が必須となってきます。

 

f:id:ana-zoom:20161108230546p:plain

コチラの画像は「ポイ探」のものですが、「ハピタス」から、直接「東京メトロ(ポイント)」へ交換できないため、いったん「.money」を中継して、マイルヘ交換しています。

これがかの有名な、「ソラチカルート」ですね。

この「.money」のポジションに入るのが、「中継サイト」と言うコトとなりますので、頭の隅においておいてください。

 

「ポイ探」は、各種ポイントから交換可能なポイントや、逆にそのポイントへ交換できるポイントを調べたり、ポイントサイトなどを登録するコトによって、自分が持っているポイント全てをマイルに交換したら何マイルになるか?などを計算するコトが出来る陸マイラーの支援サイトです。

「ポイ探」については、コチラで詳しく説明していますので、ご参照ください。

ポイント探偵倶楽部

 

中継サイトには、どんなサイトがあるの?

f:id:ana-zoom:20161108230723p:plain

 

では、先ほど出てきた「ポイ探」を使って、「東京メトロ(ポイント)」へ交換するコトのできる中継サイトを、抽出してみましょう。

ついでに、各サイトの特徴を一覧表にしてみました。ポイントを中継できないクレジットカード類は省略していますからね。

表の読み方としては、例えばネットマイルの場合。ネットマイルへポイントを交換できるサイトがGetMoney!等で、11の交換レート、手数料を毎回100マイル徴収される、というコトになります。

 

中継サイト名 [中継サイト名]へ、交換できるポイントサイト 10,000円分のポイントが、何東京メトロポイントになるか? 手数料
ネットマイル GetMoney!
ハピタス等
10,000 100マイル/1回
Pex ECナビ
ちょびリッチ。
GetMoney!
ポイントタウン
ハピタス等
10,000 500ポイント/1回
Gポイント マイクロミル
セシール等
9,523 手数料5%含
レッツエンジョイ東京 なし 10,000 -
.money ちょびリッチ。
モッピー
ハビタス等
10,000 無料
gooポイント セシール
ネットマイル
5,000 無料
Lineポイント Gポイント
ポイントタウン
お財布.com
9,000 無料

Gポイントだけちょっとややこしいので補足します。

Gポイントは、東京メトロ:Gポイント=100105で交換するコトができます。

また、これは手数料の5%を込みで交換しているコトとなります。

しかし、Gポイントは、決まった期間中に広告を利用すると、このとき支払った交換手数料がバックされる仕組みになっています。

つまり、Gポイントを利用し続けている限りは、手数料無料です。

 

中継サイトはどこがお得?

一覧表をよくご覧になっていただけたでしょうか。そうですね、.money以外にありえませんよね。

 

・交換レートは11

・手数料、無料

.moneyポイントへ交換できるポイントサイトも豊富

 

さっそく結論してしまいますが、以上が、私が.moneyを中継サイトとして「一択だ」とまで言える理由となります。

では、ここからは.moneyの中継サイトとしての概要等を、もう少し詳しく解説していきますね。

 

.moneyはどんなサイト?

.moneyは、各ポイントサイトで獲得したポイントを、交換レートや手数料によって、一切目減りさせるコトなく交換できる、ユーザーサイドに立ったとても使い勝手の良い中継サイトです。

・前述したように、手数料無料。交換レート11。ポイントをマイルヘ中継していく途中で、減ってったら悲しいですよね。

.moneyは、そんな心配は一切無用。全く目減りせずに東京メトロポイントまで、ポイントを運んでくれます。

 

◇交換ポイント増量キャンペーンを、毎月のように行っている、お得なサイトです。

f:id:ana-zoom:20161108231818p:plain

・毎月1日に、キャンペーンを行っています。交換ポイント10%増量などのお得なキャンペーンを行うので、毎月月初は要チェックです。

 

◇ポイントサイトとして利用するコトもでき、お得な広告案件があります。

・私が初めてクレジットカード発行案件を利用したのは、.moneyでした。楽天カードで16,000ポイントも、もらうコトができ、そのマイルでさっそく特典航空券(いっしょに割)を発券しましたよ。クレジットカード案件では、どこにも負けていない高ポイントの案件が見つかるコトがあります。

 

・また、スマホ案件といわれる、スマホ専用の案件に、100%バック&高額のものがたくさんあり、一部で熱狂的なファンがいます。コチラは毎月リセットされるので、私も毎月チェックしていますが、54,000円の支払いで、54,000ポイント以上もらえるような、過激な案件がたくさんあります。しかし、これはちょっと手放しでおすすめできる案件とは言いがたいので、詳しくは解説しません。

 

f:id:ana-zoom:20161108231856p:plain

・ポイントサイトとして利用するさいには、画面を一番下までスクロールして、「.moneyモール」をクリックしてください。私は最初コレがどこにあるかわかりませんでした。分かりにくすぎます。

 

◇ハピタスからポイント交換する際に、他人名義で受け取るコトができます。

f:id:ana-zoom:20161108231929p:plain

・これは、概要とはいえませんね。裏技というべきでしょうか。ハピタスから.moneyにポイントを交換すると、メールが届くのですが、そのメールを他人がクリックすると、そのクリックした方にポイントが加算されます。もちろん、その方が.moneyにログインしている状態でクリックする必要があります。使い道としては、ソラチカルートが渋滞していてなおかつ、ファミリーマイルを貯めているような方は、ファミリーマイル側からポイントをマイルヘ交換できるので、便利に使えるのではないでしょうか。

 

登録方法

f:id:ana-zoom:20161108232016p:plain

 

では、.moneyへの登録方法について、解説します。今回は、特にメールアドレス等の入力をするコトなく簡単に登録できる、SNS連携での登録方法の解説となります。

まずは、.moneyのサイトへ移動して、「新規登録・ログイン」をクリック。

 

f:id:ana-zoom:20161108232037p:plain

続いて、Ameba新規登録(無料)か、各SNSから連携でログインを選ぶコトができるので、今回は「楽天ID」でログインしてみようと思います。

他のヤフーIDやツイッターでも同じようにログインできます。簡単なので、おすすめのログイン方法です。

右端の、「楽天ロゴ」をクリック。

 

f:id:ana-zoom:20161108232047p:plain

IDを連携しても良いか聞いてきますので、「続ける」をクリック。

以上で、.moneyへの登録(ログイン)が完了します。

 

ポイント交換方法

f:id:ana-zoom:20161108232113p:plain

 

続いて、.moneyから東京メトロポイントへの交換方法を解説します。

まずは、画面上部の「マネーをつかう」タブをクリックしてください。

 

f:id:ana-zoom:20161108232214p:plain

次に、画面を少し下へとスクロールし、「メトロポイント」と書いてあるところへ、マウスのポインターを重ねてみてください。

 

f:id:ana-zoom:20161108232226p:plain

そうすると、「詳細を見る」ボタンが出てきますので、クリックしてください。

 

f:id:ana-zoom:20161108232237p:plain

画面が切り替わると、交換レートや、交換予定日などが記載されたページへと変わります。

ここでは、交換予定日が12ヶ月と書いてありますが、毎月15日ごろ締め切りで、翌月の11日ごろ東京メトロポイントとして付与されます。「交換する」をクリックしてください。

 

また、初回の交換時のみ、本人情報の入力や暗証番号の設定があります。

そのさいに、SMS(ショートメッセージ)による本人確認がありますので、送られてくる認証番号を、画面の指示に従って入力してください。

 

f:id:ana-zoom:20161108232316p:plain

つづいて、暗証番号の入力を求められますので、4桁の暗証番号を入力してください。入力したら「次へ」をクリック。

 

f:id:ana-zoom:20161108232328p:plain

交換情報の入力画面となります。

「交換マネー数」を入力して、「確認する」ボタンをクリックしてください。

東京メトロポイントにも有効期限がありますので(翌年度末まで)、マイルヘの交換が渋滞している人は、交換のし過ぎに注意が必要です。

まぁ、私は東京メトロポイントが全然貯まっていないので、全力で交換するコトにします。

 

f:id:ana-zoom:20161108232515p:plain

確認ボタンを押すと、申請ボタンが出てきますので、内容をよく確認したら、「申請する」をクリックします。

 

f:id:ana-zoom:20161108232536p:plain

コチラの画面が出てきたら、ポイント交換の申請が完了したコトとなります。お疲れ様でした。

 

ポイント交換カレンダー

ポイントって、どんどん貯まっていくので、いつ交換したら良いかわかんなくなる時がありますよね。

.moneyポイントから、東京メトロポイントに交換する場合には、毎月15日ごろが締め切りで、翌月の11日ごろ東京メトロポイントとして付与されます。

ポイント中継サイトですから、ポイントの交換を怠らないよう、毎月マシーンのように、同じ日程で同じ作業を繰り返しましょう。

 

ポイントの有効期限

各ポイントサイトで獲得したポイントの有効期限は、ログインする限り無限の場合が多いですが、.moneyポイントの有効期限は短く、6ヶ月間となります。

失効するともったいないですし、交換上限もありませんから、ポイントが集約され次第どんどん交換していきましょう。

ただし、東京メトロポイントからマイルヘの交換は、20,000/1ヶ月の上限があるので、東京メトロポイントの有効期限(翌年度末まで)にも注意が必要です。

 

【更新2016年11月19日】

前述しましたが、.moneyはポイント増量キャンペーンをしょっちゅう開催していて、とってもお得です。

その内容は、ポイント交換の際に〇〇%増量して交換される、というものが多いです。

そして、その増量された分のポイントについては、有効期限が非常に短いので、注意が必要です。

 

キャンペーンの〆切が月末で、増量分のボーナスポイントの付与日が翌月の15日以降となっていますが、付与されたボーナスポイントの有効期限が、翌月末までしかありません。

つまり、ボーナスポイントが付与されてから、たったの2週間ほどしか猶予がありませんので、忘れずにポイントを交換しましょう。

 

まとめ

.moneyは、陸マイラーとして登録必須の中継サイトです。

交換レート、手数料無料、各種キャンペーンと、どれをとっても他の中継サイトを圧倒しています。

ポイントサイトとしての利用も可能で、クレジットカード案件はトップのポイントとなるコトがあります。また、スマホ案件がアツイです。

実は私は、陸マイラーになってから、「ハピタス」、「ちょびリッチ。」、そしてこの「.money」、の3サイトしか使っていません。それでもすでに20万マイル相当分はポイントが貯まっています。それくらい便利なサイトです。

 

どんなサイトに登録して良いかよく分からないな、という方は、まずはいずれ必要となる.moneyへ登録を済ませてしまうのも、良いのではないでしょうか。

 

おすすめ記事

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

 

 

スポンサーリンク