ANAで飛びたい

マイル、ポイント、クレジットカードなど。ポイントを貯めてマイルに交換&ANA機に乗るブログ。夫婦で運営しています。

貯まったマイルを使った「いっしょにマイル割」で、友達とお得に旅行しよう

f:id:ana-zoom:20161030213733j:plain

こんにちは、ずーむです。

 

先日、人生初マイルを獲得したコトは、記事にさせていただいたとおりです。

毎日、ANAマイレージクラブにログインするたびに、画面左上にある「マイル」残を眺めてはニヤニヤしています。我ながら気持ち悪いですね。

 

しかし、人間というものは、何か便利なアイテムを手に入れると、すぐにでも試してみたくなると言うもの。

ましてや陸マイラーたるもの、マイルを手に入れた以上は、飛行機に乗りたくなってしまう、悲しい性なのです。

 

私も、そんな一般的陸マイラーの一人なので、早くマイルを使いたくってうずうずしていましたが、とうとうマイルを使いたい欲望に負けて、航空券を発券してしまいました。

というワケで今回は、私が利用したお得なマイレージクラブ会員専用運賃、「いっしょにマイル割」について、解説いたします。

スポンサーリンク
 

 いっしょにマイル割とは

さて、陸マイラーをしていると、こんな状況になるコトがありませんか?

「来月、友達と旅行するコトになった。私は特典航空券を発券して無料で搭乗できるケド、友達はマイルを貯めていないので、お高い航空券を購入するしかない。ばらばらに搭乗するのもイヤだし、友達だけに高いお金を払わせるのもイヤ。」

 

こんなときに威力を発揮するマイルの使い方が、「いっしょにマイル割」です。

基本的には、遠距離になればなるほどお得なので、最も割引率の高い石垣路線を事例に挙げてみます。

例:大阪⇔石垣を12/1512/18で往復する航空券を購入する場合

 

f:id:ana-zoom:20161030213930p:plain

◇旅割45を使った往復料金(旅割がない片道運賃の場合は、片道56,800円)

12/15大阪→石垣 18,900×2人=37,800

12/18石垣→大阪 21,800×2人=43,600

往復合計支払額:81,400

 

f:id:ana-zoom:20161030214127p:plain

◇「いっしょにマイル割」を使った往復料金

12/1512/18 大阪⇔石垣 1万マイル+26,000

往復合計支払額:1万マイル+26,000円(+旅客施設使用料)

 

どうでしょう。マイルの使い道としては、なかなか良いのではないでしょうか?

普通に購入した場合との差額、55,400円を1万マイルで購入していると考えると、マイル単価5.5円でマイルを利用できたというコトになります。

 

それでは、「いっしょにマイル割」の特徴や、メリット・デメリット、実際の利用方法について解説いたします。

 

特徴

「いっしょにマイル割」は、マイレージクラブ会員を含む24名のグループで、国内線に搭乗する際に利用できる、特別な運賃です。

ですので、友達や特典利用者登録をしていない親戚などとのグループ旅行で、利用するコトができます。

 

マイレージクラブ会員は、往復1万マイル。その他の同行者は21,000円~36,000円の支払いで、利用できるお得な運賃です。

同行者が支払う料金は、路線により決まっていて、通常料金よりもだいたい50%~75%ほどの割引率になっています。しかし、旅割などと比較すると、逆に割高になるコトもあります。運賃一覧はコチラ

 

往復料金なので、片道での利用はできません。

マイレージ会員が搭乗しない場合や、同行者全員が搭乗せずマイレージ会員一人になる場合も、利用できません。

販売時期は、搭乗日の2ヶ月前の930からです。特典航空券と同じですね。

 

支払期限は、予約した当日となります。予約完了画面で、そのまま支払いを済ませてください。

往路搭乗前なら取り消しができますが、同行者の航空券の取り消しには、所定の手数料がかかります。

 

取り消し手数料はコチラ

www.ana.co.jp

 

マイレージクラブ会員が取り消した場合、払い戻しはありません。1万マイルが戻ってこないというコトですね。

予約した後に同行者を増やすコトはできません。同行者を減らすコトは可能ですが、最低でもマイレージ会員本人+同行者が1人、残っている必要があります。

 

スポンサーリンク
 

メリット

では、そんな特徴を持つ「いっしょにマイル割」ですが、メリットを挙げてみたいと思います。

◇一緒に旅行する友達の航空運賃が安くなる

前述の例では、2人で1万マイル+26,000円の支払額となっていました。

 

◇マイレージ会員が支払うマイルは、どれだけ遠くの空港でも、一律1万マイル

遠くなほどお得になりますね。まぁ同行者の支払額は増えるんですケド。

 

◇出発日4日前まで購入可能。旅割がなくなった後も同じ料金で購入できる

例に挙げた大阪⇔石垣だと、直前に購入する場合、往復運賃で95,200/1人ですが、「いっしょにマイル割」だと、マイレージ会員1万マイル+同行者26,000円の、変わらぬ料金で購入できます。

 

デメリット

◇席に限りがある

マイレージ会員は特典航空券なので、席数に限りがあります。人気路線は直前だと席が取れないかもしれません。

 

◇短距離路線だと割引率が低い

伊丹⇔羽田などの短距離路線でも、同行者は21,000円~の支払いになりますので、お得感が減ります。

 

◇旅割に価格で負けるコトがある

出発日まで日数がある場合、お得な旅割の料金の方が、「いっしょにマイル割」より、安いコトもあります。

 

◇マイレージ会員へのマイル加算なし

搭乗しても、マイルを提供したマイレージ会員へのマイル加算はありません。同行者は、積算率75%で積算されます。

 

◇出発日の変更不可

予定が変わってしまった場合は、キャンセルしかできません。しかし、搭乗当日のみ、予約便より早い時間の同一区間便への振替は可能です。

 

◇プレミアムクラスが選択できない

プレミアムクラスに変更したい場合は、搭乗当日出発空港で、空席待ちするしかありません。

 

◇ファミリーマイルは使用できません

ファミリーマイルは、マイレージ会員本人か特典利用者登録をしている家族しか使用できないため、「いっしょにマイル割」では使用できません。

 

以上が、「いっしょにマイル割」の特徴、メリット・デメリットです。

 

私は、どうしてもマイルが使いたかったので、今回利用してみるコトにしました。

というのは、2万マイル貯まっていないので、特典航空券を二人分発券できなかったから、というネガティブな理由なんですケド(笑)。

 

しかし、利用してみると、案外お得な運賃だというコトが分かりました。

さっそく、「いっしょにマイル割」を利用する手続き方法について、解説しますね。

 

「いっしょにマイル割」手続きの流れ 

f:id:ana-zoom:20161030215051p:plain

まずは、ANAマイレージクラブにログインし、「特典航空券」タブから、「いっしょにマイル割」をクリックします。

見事に15,900マイルしかありませんね。夫婦二人分の特典航空券が発券できないんですよ。

早くたくさん貯めてやるぞ!と、決意を新たに話を進めます。

 

f:id:ana-zoom:20161030215124p:plain

「出発地」「到着地」の空港を選択して、「往路搭乗日」と「復路搭乗日」を選択します。

選択できたら、右下の「検索する」をクリックしてください。

ずーむ家では、東京に遊びに行って、ベッタベタな観光コースを回ろうと思っています。

 

f:id:ana-zoom:20161030215158p:plain

往路選択画面になりますので、旅程に合わせて、日付と時間を選んでチェックをいれてください。

「満席」は、もちろん選べません。どの日程を選んでも、利用料金は同じですので、なるべく混んでて高そうな時間を選ぶと、得した気分になります。

 

f:id:ana-zoom:20161030215411p:plain

チェックをいれ終わったら、画面をスクロールして、一番下の「復路便の選択へ」をクリックします。

 

f:id:ana-zoom:20161030215428p:plain

続いて、帰り道、復路の選択画面になります。

コチラも同じように、乗りたい日時を選んで、真ん中の白い丸にチェックをいれて選んでください。

 

f:id:ana-zoom:20161030215450p:plain

チェックをいれたら、画面下のほうにある「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。

まだ、確定していないので、ためしに押しても全然大丈夫です。

私は、操作を練習していると、「これ以上押したら、後戻りできないかも」といつも不安になってしまいます。

 

f:id:ana-zoom:20161030215545p:plain

確認画面が表示されますので、路線や日程、搭乗機などをあせらずによく確認してください。

間違いを見つけらたら、焦らず騒がず落ち着いて「変更する」ボタンから、選択しなおしてください。

画面を見ると、「運賃」が「いっしょにマイル割」になっているのが分かると思います。

それでは、全てに間違いがないコトが確認できたら、「次へ」ボタンをクリックしてください。

 

f:id:ana-zoom:20161030215635p:plain

日程等を決め終えると、今度はお客様情報の入力画面となります。

コチラには、1番目のところに1万マイルを提供したマイレージ会員の情報があらかじめ入っています。

ですので、2番目の列に、同行者の情報を入力してください。

性、名、お客様番号等を入力するコトとなります。

 

f:id:ana-zoom:20161030215709p:plain

入力し終えたら、画面を下にスクロールさせて、「内容を確認しました」にチェックをいれ、右下の「予約する」ボタンをクリックして、予約を完了させてください。

 

f:id:ana-zoom:20161030215721p:plain

「予約する」ボタンをクリックすると、「予約後の搭乗者の修正はできません」と、念を押されますので、問題なければ「OK」をクリックして、先に進んでください。

このボタンを押すと、もう引き返すコトはできませんので、練習でポチポチやった場合は、これ以上進まないでくださいね。

 

f:id:ana-zoom:20161030215734p:plain

予約が完了しました。

支払い金額が、「21,580+1万マイル」になっていますね。580円は、旅客施設使用料 です。

伊丹⇔羽田は、旅割だと片道12,000円前後が相場です。

つまり、マイレージ会員は24,000円の価値を得るコトができ、同行者は2,400円お得だった、との見かたができるのではないでしょうか?

 

もちろん、122日まではまだ日数がありますので、便を選べば8,990円で搭乗するコトも可能です。

そちらの便を選択できる方にとっては、「いっしょにマイル割」はお得どころか、損をするコトとなりますので、その辺りの比較検討は、実際の旅程と相談が必要ですね。

ネット上の誰かが勧めたからと言って鵜呑みにせず、自身で手間をかけて確認するコトが、陸マイラーに必要な資質なのかもしれません。

 

さて、予約は終わりましたが、コレで終わりではありません。

「お支払期限」は、予約当日となっていますので、さっそく支払いましょう。

「購入手続きへ」をクリックしてください。

 

f:id:ana-zoom:20161030215830p:plain

ANAカードで支払うと、クレジットカード会社のポイントとは別に、100円で1マイルが加算されます。

今こそ、ANA VISAワイドゴールドの出番ですね。

必要事項を入力してください。

 

 

f:id:ana-zoom:20161030215859p:plain

「内容を確認しました」にチェックをいれ、「購入する」をクリック。

 

 

f:id:ana-zoom:20161030215911p:plain

OK」ボタンをクリック。

 

 

f:id:ana-zoom:20161030215928p:plain

支払い完了画面です。

続いて、座席指定も済ませてしまいましょう。

右側の「座席指定」をクリック。

 

 

f:id:ana-zoom:20161030215944p:plain

「区間1」(往路)と「区間2」(復路)それぞれの座席指定ができます。

「座席指定・変更」ボタンをクリックしてください。

ちなみに私にとって、人生初座席指定です!

そんな人に解説してもらっても、全く説得力がないですねぇ。

でも、ついさっき指定したばかりなので、確実に方法を覚えていますから安心してください(笑)。

 

 

f:id:ana-zoom:20161030220036p:plain

座席指定画面です。

なるほど、こんな画面なんですね。ネットで見たコトあります。

もちろん座席の前のほうは、全然選べませんでした。SFCがあれば、もうちょっと選ぶ範囲が広がってくるんでしょうね。早く欲しいです。

×」が付いていない座席の中から、お好きなところを選んでください。

 

SFCの特典についてはコチラ

www.ana-zoom.com

 

伊丹→羽田の場合、左側に座ると富士山が見える飛行ルートになっています。

羽田→伊丹の場合は、右側に座ると富士山が見えるようです。

もちろん天候等により、変わるコトもあると思いますが、適当に座るのとでは見れる確率は全然違います。

せっかくの初マイルで初予約の初飛行、ばっちり富士山の雄姿を写真に撮りたいんですよね~。

 

f:id:ana-zoom:20161030220239p:plain

座席をポチポチ選び終えたら、画面の一番下までスクロールしてください。

右下の「指定する」をクリックすると座席指定が完了です。

 

 

f:id:ana-zoom:20161030220251p:plain

座席指定が完了して、元の画面に戻ると、今回の旅程をメールで送信できるようになっています。

Email」ボタンをクリックして、メールアドレスを入力し、最後に「送信する」ボタンをクリックして、旅程をメールしておきましょう。

 

これで、全ての手続きが終了しました。

あとは、出発日を待つばかりです。

 

予約を終えて

「いっしょにマイル割」を利用するにあたり、せっかく貯めたマイルですから、上手に使うためにいろいろと比較検討してみました。

一番気になったのは、「旅割」との比較ですが、乗りたい時間の航空券の運賃と比較して、明らかにお得だったので、コチラは安心して利用しました。

 

また、どうせホテルも予約するのですから、「旅作」との比較も必要だと思います。

旅作は、同じホテルで比較すると、支払額がかなり肉薄するコトになりましたが、1万マイル=12,000円ぐらいでしたので、まぁぎりぎり許容範囲かな~?といった感じです。

1マイル=1円を切ったら、使う意味がなくなりますよね。

 

でも、「マイルを使いたい」という今回の目的なので利用しましたが、今度利用するときは、もっと長距離で利用したいな~と思いました。

やっぱり、伊丹⇔羽田は近すぎます(笑)。

 

まとめ

「いっしょにマイル割」は、マイルを貯めていない友達との旅行に最適な運賃だと思います。

長距離を友達と乗るなら、真っ先に選択肢に入るのではないのでしょうか?

特に、出発日までに時間的な余裕がない場合は、間違いなくお得になると思います。

 

しかし、旅割やタイムセールなどのお得な航空券がある場合は、その限りではありませんので、利用する際には、しっかりと比較検討が必要だと思います。

 

でも、そんなコトはさておき、やっとのコトで貯まったマイルを使う記事が書けたという達成感!

今まで、貯める記事ばかりだったので、これからはどんどんフライトして記事にしたいと思います。

まだちょっと気が早いかな(笑)

 

押していただけるとうれしいです


にほんブログ村

 

おすすめ記事

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク