ANAで飛びたい

マイル、ポイント、クレジットカードなど。ポイントを貯めてマイルに交換&ANA機に乗るブログ。夫婦で運営しています。

100%還元(高還元率)案件の利用をどこまで許容するべきか

f:id:ana-zoom:20161226000635j:plain

こんにちは、ずーむです。

 

今回は、広告の利用に拠って、ポイントが100%もしくは100%近く還元(以下、100%還元案件)される案件を、どこまで積極的に利用し、また許容すべきか、について考えてみました。

 

陸マイラーを始めたころは、「無料で」マイルを貯めるコトが出来ない、100%還元案件は積極的に利用しなかったのですが、最近ではだんだんと利用するようになって来ました。

この分では、どこまでも許容範囲が広がっていって、「無料で」「お得に」マイルを貯めるコトから、どんどんかけ離れていきそうです。

 

というワケで、この辺りできちんと、100%還元案件を利用する範囲に、心のボーダーラインを引こうと思い、考察してみました。

スポンサーリンク
 

100%還元案件てどんな案件?

100%還元案件とは、購入金額と同額(=100%)のポイントが還元される案件のコトです。

例えば、1,000円の商品を購入して、消費税分をプラスした1,080ポイントが還元された場合に、100%還元案件となりますよね。

しかし、100%還元案件は、消費税分が還元されなかったり、送料を考慮してくれなかったりと、完全無欠の100%還元ではない場合もひっくるめて、「100%還元案件」と総称されています。

 

また、還元率が9070%だったとしても、総額で数万ポイントもらえるような案件は、一躍祭りとなり、にほんブログ村のマイレージカテゴリが、同じようなタイトルの記事で賑わうコトとなります。

5,000ポイントもらえるくらいでは、祭りになりませんので、皆さんがそれぞれのボーダーラインを持って、100%還元案件をこなしているのが、見え隠れしていますよね。

 

「どこまで許容」の、意味は?

誰にだって「心のボーダーライン」があると思います。

例えば、「食べ物を落としても、3秒以内ならセーフ」、「小さな横断歩道で、車が来なければ赤でも渡るケド、小さな子供が見ていたら絶対に渡らない」、「手のひらはダメだけど、手の甲、肘が触ってもぎりセーフ(?)」など、いろいろあると思います。

つまり、同じ100%還元案件だとしても、「お得にポイントを手に入れられる」から、だんだんとかけ離れていく中で、どこまでなら案件をこなしても良いか、というボーダーラインを決めるコトですね。

 

さて、あまり細分化しても考えにくいので、以下の5つに分類しました。これも人によってラインがあるとは思いますが、私はこのように分けて考えを整理します。

 

100%以上のポイントが得られる

100%のポイントと、必要なものが得られる

100%のポイントと、必要ないものが得られる

④そもそも90%のポイントしか得られない

⑤たったの70%還元です

 

100%以上のポイントが得られる

f:id:ana-zoom:20161226001004p:plain

 

参考画像は、ちょびリッチのスマホ案件にたまに出てくる、「ニコニコ動画」の案件です。500円でプレミアム会員に登録すると、3,800ポイント(1,900円相当)のポイントがもらえます。お金の増える案件。気になる方は、コチラの記事から「ちょびリッチ」について勉強してください。

ちょびリッチ。でポイントを貯めてマイルに交換しよう - ANAで飛びたい

 

この案件は、もう誰もが利用すべき案件です。お金を払って手に入るものが、役に立とうがただのゴミだろうが、即利用しましょう。もらったポイントはそのままマイルへ交換するもよし、支払った分だけ現金に交換して、補てんするもよしです。「無料で」「お得に」マイルが貯められます。

どうやってもお得なので、私のボーダーラインは余裕で超えていますね。

 

100%のポイントと、必要なものが得られる

f:id:ana-zoom:20161226001031p:plain

 

参考画像は、ハピタスの100%案件に出てくる「ふるさと青汁」の案件です。4,104円でふるさと青汁を購入すると、同額の4,104ポイント(4,104円相当)のポイントがもらえます。支払ったお金と同額のポイントが還元されますので、そのポイントを現金化すれば、無料でふるさと青汁がもらえるコトにもなります(※送料500円が別なので、厳密には500円の支払いが必要です)。

ハピタスの案件に興味がある方は、コチラの記事から「ハピタス」について勉強してください。

ハピタスでポイントを貯めてマイルに交換しよう - ANAで飛びたい

 

この案件は、ふるさと青汁にいくらかの価値を見出せる方でしたら、利用すべき案件ですね。というのは、お金を払ってでも欲しかった商品(=ふるさと青汁)を購入したら、ついでにマイルが貯まるのですからね。「無料で」ではないですが、「お得に」マイルを貯めるコトが出来ます。

しかし、健康食品に興味がなく、ふるさと青汁を飲まないのでしたら、「無料で」でもないし、「お得に」でもありませんねぇ。

私は、元々野菜ジュースを買って飲んでいるので、この案件はボーダーラインを超えています。というワケですでに利用しました。サラッとしていて飲みやすいですよ。

 

100%のポイントと、必要ないものが得られる

f:id:ana-zoom:20161226001101p:plain

参考画像は、ちょびリッチのスマホ案件に出てくる「きせかえサイトへの登録」案件です。2,160円支払って登録すると、同額の4,320ポイント(2,160円相当)が還元されます。スマホのきせかえに興味があって、今でも利用されているのでしたら、②の案件と同じく、「お得に」マイルを貯めるコトが出来ます。しかし、私は着せ替えに興味がありません。

 

さて。こういった場合にどうしたら良いのでしょうか?

「無料で」と「お得に」、どちらでもありませんね。

私の従来の考え方でしたら、ボーダーラインを超えていませんでしたので、利用しませんでした。

では、今の考え方とはなんでしょうか。

それにはまず、コチラの記事をご参照ください。

www.ana-zoom.com

 

記事の内容を要約すると、

「マイルの価値は使い方次第。ANA SKYコインとして使えば、最低でも1.6円の価値で使える」

というものです。

 

ANA SKYコインの使い道は、航空券か旅行商品の支払いしかありません。ですので、飛行機を使った移動をする予定がある場合に限られますが、マイルを1.6円で使うコトが出来ます。

つまり、「それ以下の出費(1マイル=1.6円)でマイルを手に入れられるのなら、お得だ」という考え方が出来てしまうんです。

今回の③の場合は、2,160円の支払いで2,160ポイント=1,944マイル、つまり1マイルを1.1円で買っているコトになりますよね。

というコトは、私にとって必要ないものが手に入るこの案件も、利用すべきだという結論に至ってしまうのです。

 

しかし、私のボーダーラインはここにあり、利用するか否か、いつも悩みます。

確かに先ほどの計算は間違っていません。でも、どうもスッキリと納得できないんですよねぇ。計算はあってる、でも、詭弁なような(笑)。

ここをはっきりさせないと、心のボーダーラインがキッチリと引けませんが、結論は先送りにします。

というのは、いつかここからもっと下のほうへ、ボーダーラインが下がっていくのが目に見えているからです(笑)。逃げ道を開けとかないといけませんからね。

 

まぁ、スッキリしない理由は分かっていて、この③の行為は「貯金」だからですね。

陸マイラーを始めたきっかけは、「無から有を生み出し、「無料で」「お得に」ポイント(=マイル)を貯める」かのように見えたからです。そして、クレジットカード発行や元々必要なショッピングへのポイント付与などは、まさにそのとおりで、従来の行動にワンクッション(=ポイントサイトの利用)するだけで、マイルが貯まってきました。

でも、必要ないものを買う③の行為は、現在11,000円貯金して、将来16,000円で利用するコトができる、割の良い貯金と同じなんですよねぇ。

 

このため、陸マイラーになったときの気持ちと矛盾が生じて、なかなかスッキリと納得して利用できない、と。

スッキリしない理由がはっきりしたので、後は「貯金だ」と思えるようになれば、マイルに貪欲な陸マイラーレベルが、ひとつ上がるとも言えます(笑)。

 

この③の利用については、悩む方もしくは悩んだ方が、たくさんおられるのではないでしょうか?何か意見があれば聞きたいですねー。

 

スポンサーリンク
 

④そもそも90%のポイントしか得られない

f:id:ana-zoom:20161226001402p:plain

 

参考画像は.moneyのスマホ案件に出てくる「ミニゲ伝説」会員登録案件です。32,400円で28,080ポイントもらえる案件で、還元率87%になりますね。

28,080ポイント=25,272マイル、32,400/25,272マイルなので1マイル=1.28円です。

 

画像を見ると、この案件を利用している勇者もおられますね。前述の「貯金」だと考えられるなら、利用すべき案件です。

利用するかの判断材料に、還元されるポイント数も影響してきます。約90%還元で28,080ポイントがもらえるので、もし商品を購入する案件なら、祭りとなっていても良いような条件ですね。

私のボーダーラインは、今のところ下回っているので利用しません。が、明日には分かりません(笑)。

 

⑤たったの70%還元です

参考画像はありませんが、計算は出来ますね。10,000円で7,000ポイントの場合を例に挙げましょう。7,000ポイント=6,300マイル、10,000/6,300マイルなので1マイル=1.58円です。

まだまだ貯金としては損をしませんので、案件の利用価値ありです。でも、私は利用しません。

 

さて、先ほど紹介した記事を読まれた方ならお分かりでしょうが、1マイル=1.6円は、「最低でも使える価値」なのです。例えば国内線特典航空券と交換すると、1マイル=2円~8円の価値ともなりえるのです。国際線ならもっとです。

つまり、「貯金」として考えられるなら1マイルに2円、いや3円以上支払ってでも、お得だというコトになりかねないですね。

 

ここまでくると実際に利用する方は少ないと思いますが、国際線特典航空券へ絶対に使うマイルなのでしたら、3円で買っても十分お得になります。でも私は、そこまで達観できなさそうです。

 

 

③が有効活用できそうな可能性

私の心のボーダーライン上にあり、利用を悩む「③100%のポイントと、必要ないものが得られる」ですが、有効に利用する方法があります。

入会キャンペーンなどで、クレジットカードの決済額が増やしたい場合に、利用するのが良いかと思います。詳しくはコチラの記事をご参照ください。

クレジットカード入会キャンペーンをうまく利用して、マイルを貯めよう - ANAで飛びたい

 

まとめ 

100%以上還元案件は、必ず利用しましょう。絶対お得です。

100%還元案件で、必要なものを購入するのでしたら、積極的に利用しましょう。欲しいものが手に入って、さらにマイルも貯まるお得な案件です。

100%還元案件で、必要ないものを購入する案件は、よく考えてから利用しましょう。もし、クレジットカードの決済額を増やしたいのでしたら、うまく利用してみましょう。

100%還元案件を利用する場合の、私のボーダーラインは、ここまでとなりました。皆さんもどこまで利用するか、事前に考えてみてはいかがでしょうか?

 

おすすめ記事

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

スポンサーリンク