読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAで飛びたい

マイル、ポイント、クレジットカードなど。ポイントを貯めてマイルに交換&ANA機に乗るブログ。夫婦で運営しています。

羽田空港でカードラウンジ体験&ビールを飲みながら飛行機を眺めてきました

f:id:ana-zoom:20161206193148j:plain

こんにちは、ずーむです。

 

先日、東京へ旅行していました。

旅行では、はとバスに乗ったり、歩行者天国になっている銀座を散策したり、浅草からスカイツリーまで歩いてみたりと、とっても分かりやすい観光地をめぐり、とっても楽しく過ごすコトができました。

 

しかし、東京旅行23日もあっという間に終わってしまい、寂しく空港へ・・・と、思ったら、気がつけばテンションMAXで空港へ向かっていました。

なんといっても、羽田空港で半日を過ごすコトができるんです。端から端まで歩き回って、空港の全てを見てやりたいところ。

伊丹&関空(神戸も)と違って、関西在住の私は、東京の空港へはめったにいけないですからね~。

 

そんなワケで、羽田空港でカードラウンジを体験して、展望デッキでANA機を眺め、ランチを食べながらビールを飲み、疲れたので休憩して気がつけばまたビールを飲んで、手荷物検査を終えてANA FESTAで最後のビールを飲んだお話です。

スポンサーリンク
 

 まずはラウンジ

f:id:ana-zoom:20161206193318j:plain

意気揚々と空港へ到着(4時間前)し、手荷物を預け身軽になったらさっそくラウンジです!

下調べ無しのぶっつけ本番でラウンジを探すこと5秒。搭乗手続きをした第2旅客ターミナル2Fのカウンターの真後ろにあるエレベーターに、「3Fエアポートラウンジ」の文字を発見。

これってラウンジ専用エレベータですか!?

 

エレベータを見つけた瞬間頭をよぎったのは、「エレベータを降りた先はラウンジ。ドアが開いたその両側に、空港スタッフのおねーさん(美人)が居て、そのままラウンジの受付になっているに違いない。そしてすかさず席まで案内されるんだ。さすが羽田。さすが東京。」という妄想。

 

「ドアが開いた瞬間になんて挨拶しよう?きっとゴールドカードと、航空券の提示を求められるよね。下に見られない(?)ためにも、アメックスはやめて(アメックスさんごめんなさい)ANAのゴールドカードにしよう」と、脳内シミュレーションをしつつ、クレジットカードと航空券を握り締め、待つコト数秒。ものすごく緊張しながら開いたドアの向こうには、もちろん誰も居ない。

 

f:id:ana-zoom:20161206193408j:plain

気を取り直して、クレジットカードを財布に戻し、スマホを取り出し記念撮影しました。

なんだか入り口を見ただけでも上品ですね。横のほうにはクリスマスツリーも飾ってあります。

 

羽田空港のラウンジについて

羽田空港には、第1&第2旅客ターミナルに3箇所づつ、計6箇所の有料ラウンジがあります。

もちろんこれら以外にも、上級会員だけが利用できるラウンジが幾つかあります。

今回私が利用したのは、第2旅客ターミナル3F ターミナルロビーにある「エアポートラウンジ」です。コチラでは、有料ですがシャワーを使うコトもできるようです。

また、羽田空港では、手荷物検査後にも利用できるカードラウンジがあります。私はこの記事を書くまでそれを知らなかった・・・もったいないコトをしました。次回は利用したいです。

 

入り口から入ると、左手に受付があり、クレジットカードと航空券の提示を求められました。

早く準備しすぎて、少し曲がっている航空券を差し出し、名前を確認されます。

「もしかして、入れてくれないかもしれない」という、全く不要の不安を抱えながら、すごく長時間に感じる時間(とき)を過ごして、やっと中に入れました。

 

f:id:ana-zoom:20161206193543j:plain

中に入るとすぐに、パンフレットとラウンジの見取り図が置いてあります。緊張してて全く見てなかったですが、写真を見ると「エアポートラウンジガイド」なるパンフレットがありますね。何が書いてあるのかな?気になります。コレを見るためだけに、羽田まで飛んじゃいたい・・・

 

f:id:ana-zoom:20161206193610p:plain

たくさんの方がくつろいでおられたので、ラウンジの全景は公式HPの写真を拝借いたします。

こんな感じの落ち着いた雰囲気の部屋でした。でも、思っていたより狭いです。

中では、疲れきった感じのサラリーマンが寝ていたり、ノートパソコンで仕事をしている人、二人でスマホの画面を見せ合っていちゃいちゃしてるカップル(旅の写真を見せ合ってるのかな?)、ここぞとばかりに電子機器に充電してる人など、様々なコトをして時間を過ごしておられます。

 

f:id:ana-zoom:20161206193623j:plain

とりあえず記念撮影。ここはカードラウンジなので、無料の生ビールはありません。

ANAラウンジのすごさは先輩ブロガーの記事でしか知りませんが、ココでも十分快適だな~と思いながらソフトドリンクを飲んでいました。

みんな何を飲んでいるのかな?と思って調査したところ、ラウンジなれしている感じの方々は、決まってトマトジュース+なにかの、2種類のドリンクを飲んでいました。

トマトジュースと判断したのは、空っぽのコップのガラスがなんかどろどろしているように見えた、という全くの主観ですので、深く突っ込まないでください。

 

f:id:ana-zoom:20161206193647j:plain

基本的に一人で利用する人が多いのでしょうか?数人でまとまって座れる場所はあまりありません。

二人で利用する席選びに悩みましたが、一人ででっかいソファーを占領している人も居ます。

利用者全てが隣同士に座らないように間隔をあけて座っていますが、暗黙の了解なのですね。

コンセントがあるのも便利です。スマホやノートパソコンの充電ができますね。

 

f:id:ana-zoom:20161206193709j:plain

きちんと隣と仕切られて、個室風になっているビジネス用席。電源と電気スタンドが置いてあります。

私がラウンジを利用した時は、二つあるうちのひとつを利用している方がいて、忙しそうにしておられました。

移動中も仕事なんて、かっこいいですが、大変そうです。

 

f:id:ana-zoom:20161206193731j:plain

ビジネス用席の後ろ側には、コピー機とFAX、そしてテレホンカードの自動販売機。

個人的には、出先では使い道がないアイテムですが、移動中も仕事をしている方にとっては、必需品なのでしょうか。

テレホンカードの自動販売機があって驚いたのですが、公衆電話がそのへんにあったかなぁ?と、思って羽田空港マップを見てみると、そこらじゅうに公衆電話があるようです。

空港を利用していたのに気がつきませんでした。

 

f:id:ana-zoom:20161206193750j:plain

ソフトドリンクは、ファミレスにあるような装置と、ホテルの朝食のときに並んでいるような生ジュースの装置。コーヒーは常時保温してあって、すぐに暖かいものが飲めます。牛乳とお水だけは別に冷やしてありました。

ソフトドリンクは、そんなに何杯も飲むものではないので、これだけあれば十分ですよね。

私は周りを見習って(?)トマトジュースと、アイスティーをいただきました。

 

f:id:ana-zoom:20161206193815j:plain

ソフトドリンクコーナーの横のほうに、有料のメニューが置いてあります。

生ビール310円!伊丹空港のカードラウンジでは、缶ビールしか置いてなかったので、生ビールがあるとは思っていませんでした。

最初から気がついていれば、ノートパソコン+ブログ+生ビールの写真が撮れたのに残念です。

それに、ラウンジの外で生ビールを買うと570円だったと思うので、どうせ飲むならここで飲んだほうが安く済みますね。

 

f:id:ana-zoom:20161206193842j:plain

返却口には、おしぼりが置いてありました。これってなかなか盲点ですよね。ソフトドリンクコーナーに置いてくれたら、すぐに気がつくのに。

私はおしぼりが好きで、テーブルにおしぼりがあるとずっと触っています。触っていると手がきれいになる気がして、なんか落ち着くんですよねぇ。みなさんもそうですよね?きっとそうです。

 

ラウンジでは、とてもゆっくりと過ごすコトができて、居心地が良かったです。いきなりANAラウンジだと、うれしすぎて大変なコトになっていたと思います。

まずは無料のカードラウンジで練習(?)できて、とても良かったと思います。

 

ランチにトルコ料理

f:id:ana-zoom:20161206193906j:plain

ラウンジを出た後は、お腹が減っていたので、ランチにするコトに。

悩んだ末、ラウンジと同じ3Fにあり、ひげおじさんの笑顔がステキな「ミセスイスタンブール」でトルコ料理を食べるコトにしました。

何故なら、辛そうなお肉のトルコ料理は、ビールに合いそうだからです。

お店で注文をするさいに、ひげおじさんをずっと探していたのですが、居たのはひげをそったおじさんだけでガッカリです。

 

f:id:ana-zoom:20161206193926j:plain

ピラフプレート肉増量と生ビールを注文。ピラフプレートは、肉かピラフ、もしくは両方の増量に対応してくれるそうです。ビールとセットで注文すると、200円引きになってお得でした。

ケバブは、食べやすく美味しく、思ったとおりビールにもぴったりなお味で、どんどん箸が進んでしまいます。

テーブルのある店舗ではなく、買ったものを通路に並んでいる席へ運んで食べる、ファストフードのような、イオンのフードコートのようなスタイルのお店でした。

手軽に食べられるので、小腹がすいたときにちょっと食べるのにも良いかもしれません。

 

飛行機を眺められるお店

f:id:ana-zoom:20161206194013j:plain

2旅客ターミナル4Fにある「エアポートグリル&バール」では、窓辺に座るとめっちゃ近くで飛行機が見れます!テレビ番組「マツコの知らない世界」でも紹介されたそうです。

お腹一杯だったので、中に入りませんでしたが、外から撮った写真からも、飛行機が近いのが分かります!ハンバーグステーキがめっちゃ美味しそう。

次回は絶対にここに入って、ハンバーグを食べながらビールが飲みたいと思います。

 

f:id:ana-zoom:20161206194044j:plain

その隣にある「南国酒家」。コチラの写真でも、ANAの尾翼が間近に見えているのが分かると思います。

窓辺に座り込んで、ビールを何杯もお代わりしながら飛行機を眺める・・・たまらないと思いませんか?!

次回は、隣のエアポートグリル&バールでビールを飲んで、南国酒家で二次会をしようと思いました(笑)。

 

B1Fエアポートダイナーで休憩

f:id:ana-zoom:20161206194110j:plain

羽田空港は広いです。うろうろしていて疲れたので、休憩するところを探していて見つけたのが「エアポートダイナー」。

ぱっと見で分かりやすいですね。コーラを飲んで休憩するお店です。

京急を使って羽田空港に到着すると、改札の右前方に位置していますので、見覚えのある方もおられるかもしれません。

 

f:id:ana-zoom:20161206194130j:plain

レジで注文していたら、コーラがビールに変わっていました。無意識の内にこんなコトに・・・恐ろしいです。

きっとみなさんも、そんな経験がありますよね。

 

展望デッキで飛行機を満喫

f:id:ana-zoom:20161206194207j:plain

5Fは展望デッキになっています。でも、展望デッキに出るよりも、エスカレーターを上がってすぐの「屋内展望フロア」のほうが、滑走路側へ飛び出ている構造になっているので、飛行機を近くに見られると思います。

でもでも、ガラス越しより直接みたいですよねぇ。

 

f:id:ana-zoom:20161206194236j:plain

写真を撮っても、遮るもののないほうが綺麗に取れる気がします。鳥取空港へ遊びに行ったときにも、飛行機が近いな~と思いましたが、今回の羽田も、もっと近いと感じました。

そのあたりは、飛行機までの距離の問題以外にも、駐機している機材のサイズによるところもあるんでしょうね。

鳥取空港に駐機しているものとは、運用している機体の数と大きさが全然違いますもん。

 

手荷物検査後のANA FESTAでビール

f:id:ana-zoom:20161206194319j:plain

羽田空港を満喫し、そろそろフライトの時間となってしまいました。

手荷物検査場から中に入り、61番の搭乗口を確認して、さっそく制限エリア内を探検します。

が。探検直後に見つけた「ANA FESTA」。というコトは、ANAカードがあれば、10%引きで利用できるってコトですよね?

待ち時間は十分あるので、ここで時間を過ごすコトにしました。

 

f:id:ana-zoom:20161206194335j:plain

制限エリア内の ANA FESTAは、先ほど紹介した「エアポートグリル&バール」と同じかそれ以上に、近くに飛行機を見るコトができます。

場所は、60番と61番の搭乗口の間になるので、伊丹空港へのフライトなら、きっと近くにあるに違いありません。

もし、搭乗ぎりぎりまで飛行機を眺めていたい&ビールを飲んでいたいのなら、超おすすめです。

おつまみに、おにぎりとから揚げを注文しました。から揚げはジューシーでやわらかく、ビールにぴったりです。 

 

まとめ

今回の東京旅行で、伊丹と羽田のラウンジを体験するコトができました。

誰でも利用できるカードラウンジですが、初ラウンジ体験の私にとっては、非常に快適でリラックスできる空間です。

また、伊丹⇔羽田の短い旅を、豪華にしてくれて、心のゆとりも持たせてくれました。

カードラウンジですらこうなのですから、修行の副産物で利用できる、もっと豪華なANAラウンジに入ったら、どうなっちゃうんでしょうか!?

今から楽しみでなりません。早く修行したいですね~。

 

おすすめ記事

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

 

スポンサーリンク