読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAで飛びたい

マイル、ポイント、クレジットカードなど。ポイントを貯めてマイルに交換&ANA機に乗るブログ。夫婦で運営しています。

鳥取空港(TTJ:鳥取砂丘コナン空港)へ、遊びに行ってきました

f:id:ana-zoom:20161009072151p:plain

こんにちは、ずーむです。        【更新】2016年12月10日

 

先日チラッと書きましたが、実は私がANAに乗れる一番近い空港は、鳥取空港(TTJ:鳥取砂丘コナン空港)なのですよね。

鳥取空港?ドコソレ美味しいの?とか言わないでください。私は鳥取県民ではありませんが、鳥取駅からバスで20分だし、東京まで1時間で行けるし、とっても便利なのです。

東京まで定期便5便、さらに国際線ターミナルまである立派な空港なんですからね!


そりゃあもちろん、関西国際空港(KIX)などとは比べようもありませんが、今後のお付き合い(?)のコトを考えて遊びに行ってきました。

 

そんなワケで今回は、鳥取砂丘コナン空港(およびその周辺)に遊びに行ったお話しです。

誰ですか?そんな記事、需要がないなんて言っている人は。

 鳥取空港(TTJ:鳥取砂丘コナン空港)って、どんな空港?

f:id:ana-zoom:20161009072237j:plain

鳥取空港は、鳥取県鳥取市にある空港で、3レターが「TTJ」、空港の愛称を「鳥取砂丘コナン空港」といいます。

県庁所在地にあり、市街地からめっちゃ近くに立地しています。駅からバスでわずか20分。

朝一の便に乗れば、羽田空港へ820分には到着できてしまう便利さです。

 

アイキャッチの写真は、夜の展望台のネオンサイン(公式HPから引用しました)、その展望台は昼間はこんな感じです。

 

f:id:ana-zoom:20161009072308p:plain

定期便は、東京⇔鳥取が毎日5便就航しています。

朝一の292便に乗り、最終の299便に乗って帰ってくれば、十分に一日楽しく遊んでこれますね。

東京に住んでいる方からすれば、旅行といえば東京から出て行くコトだと思いますが、それ以外の人にとっては、東京は遊びに行くところなんですよ。

 

愛称の「鳥取砂丘」というのは、えーと、デッカイ砂浜です。砂がいっぱいあります。ホントに砂ばかりでやたら広くて、海まで歩こうと思ったらたぶん遭難します。ラクダがいます。ラッキョを作っています。詳しくはWEBにお任せしておきます。

◇鳥取砂丘WIKI

 

f:id:ana-zoom:20161009072437j:plain

同じく愛称の「コナン」というのは、国際線ターミナルの写真をみていただくと、分かる人には分かると思います。

そうですね、「週間少年サンデー」で連載している「名探偵コナン」のコトです。

「名探偵コナン」の作者が、鳥取県出身のため、愛称として採用されました。

 

また、鳥取県には「鬼太郎米子空港」もあり、同じくマンガがらみなので、面白いですね。

 

ではさっそく空港へ・・・

と、思いましたが、空港のお話だけではもちませんので、まずは腹ごしらえです(笑)

鳥取から東京までわずか1時間というコトは、東京から遊びに来るもの近いってコトですね。

私は鳥取県民ではありませんが、是非遊びに来ていただきたいので、おすすめランチをご紹介しますよ。

 ◇カルダモン

f:id:ana-zoom:20161009072532j:plain

では、おすすめのランチですが、「カルダモン」のカレーが、めっちゃ美味しい!

場所は、鳥取空港から車で10分ぐらい、距離にしておよそ5キロくらいのところです。

5キロも歩くと汗だくになっちゃいますが、がんばれば歩けます。SFC修行に「HND-TTJ鳥取タッチ」をあえて選択して、是非食べに来てください。PP単価は計算しちゃダメですよ。

 

ここのカレーは、20種類のスパイスを使っていて、化学調味料不使用。初めて食べたときは衝撃的でした。

なんといって言いか分かりませんが、子供のころから食べていた母親の作る「カレー」とは別の食べ物です。

サラサラのスープのようなカレーで、食べると頭のてっぺんから汗が出てきます(笑)

鳥取空港から5キロ歩いて汗だくで、たとえ汗が枯れていたとしても、間違いなく汗だくになります。

一日に二回も汗だくになれるなんて、めったに出来る経験ではないですからね。是非東京からお越しください。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009072820j:plain

あくまでもイメージですが、インドとかの暑い地方の人が食べているカレーは、こんな感じなのではないでしょうか。

汗が出てくるといっても、「辛い」とは何か違うんですよね。なんなんでしょう?これがスパイスの効果なのだと思います。スパイスすごい!

マイルが貯まったら、本場のカレーを食べに行って比較したいと思います。

この一言で、ちょっとだけマイレージブログぽくなりました。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009072842j:plain

で。おすすめは「チキンカレー」らしいですが、今日は夫婦でそれぞれ「海老カレー+たまご@小ライス(150グラム)」と「牛すじカレー+たまご+かぼちゃ@中ライス(250グラム)」を注文しました。

海老カレーは、海老がプリプリでとても美味しかったですし、牛すじはとてもやわらかく煮込んであり、口の中で甘く溶けていくような感じでした。

 

辛さも選べるんですが、初めて食べるときは標準である「辛さ1」を選ぶコトをおすすめします。

また、ご飯の量も選べますが、小ライス(150グラム)で十分おなかいっぱいだと思います。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009072956j:plain

店内を見回すと、スパイスが棚に並んでいます。

お店で使っているこれらのスパイスを購入することもでき、自宅でカルダモンの味を再現でき・・・我が家では再現できませんが、出来る人もいるかもしれません。

 

食べ終わると、汗がすっとひいて、清涼感が出てくるんですよね、なぜなんでしょう?

きっとスパイスのおかげですよね、すごい、スパイスすごいです。

まぁ、せっかくの清涼感も、5キロ歩いて再び鳥取空港へ戻ると汗だくなので、帰りはタクシーでも使ってください。

 

さて、お腹も満たされたところで、鳥取空港の紹介です。

 

鳥取空港国際会館(鳥取空港国際線ターミナル)

f:id:ana-zoom:20161009073051j:plain

 

まずは、鳥取空港国際会館へ入ってみました。こちらは、チャーター便があるときに国際線ターミナルとして利用されているようです。

入り口には、名探偵コナンがちりばめられていますね。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009073118j:plain

中に入ると、ホールは吹き抜けになっていて、大きなタペストリーが張ってあります。

コナン空港なのに、ちゃっかりと怪盗キッドもいますね。このままでは、鳥取砂丘コナンYAIBAキッド空港になるのも時間の問題かもしれません。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009073157j:plain

足元へも注意を向けると、名探偵コナンがラクダに乗っていますね。これは砂丘をイメージしたイラストで、特定の位置から撮影すると、イラストが認識できるような仕掛けになっています。

なぜラクダなのかというと、鳥取砂丘にはラクダがいるんですよね。お金を払えば乗るコトもできます。でも、いつ見てもだいたい疲れた顔をしていますので、乗るのは申し訳ない気持ちにさせられます。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009073547p:plain

f:id:ana-zoom:20161009073612j:plain

f:id:ana-zoom:20161009073634j:plain

コチラのホールの端っこに、怪しげなディスプレイがありました。

ANAの歴代制服を着たフィギアのようですが、ちょっとオタクっぽいですね。

最終が2005年になっているので、それ以降は発売中止になったのでしょうか。

皆さんは、何年の制服がお好きですか?需要はありそうなグッズなのに、もったいないですね。

 

 

国内線ターミナル

f:id:ana-zoom:20161009073832j:plain

続いて、隣にある国内線ターミナルビルに入ってみました。

鳥取空港は、この二つの建物で構成されています。

それぞれの屋上に展望台がありますね、また、2階には連絡通路があり、双方の建物をつないでいるようです。後でもう一度国際線ターミナルへいってみようかな。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009073914j:plain

国内線ターミナルを入ってすぐのところで、名探偵コナンがお出迎えしてくれました。

入った直後は、観光客と思しき数名が群がって記念撮影をしていたので、それを遠めに眺めながら順番待ちをして、やっと写真を撮影するコトが出来ました。

順番待ちがあるなんて、鳥取空港大人気です!東京から鳥取タッチする価値もありますよね、きっと。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009074002j:plain

名探偵コナンから反対側へ目を移すと、そちらにはANAのチェックインカウンターがあります。

鳥取空港に就航しているのは、ANAのみなので、カウンターはコレで全てになります。

専用カウンターや、専用保安検査場なんて難しいものはありませんので、飛行機初心者も迷うことなく、安心ですね。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009074029j:plain

保安検査場は、エスカレーターを上がって、2階にあります。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009074052j:plain

カウンターの向こうには、お土産やさんがあります。

SFC修行で鳥取タッチのさいには、ご当地カレーなんかいかがでしょうか?

ビーフ、チキン、ポークとお肉は全て取り揃えております。比較的良心的なお値段です。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009074124j:plain

2階から見下ろしたところ。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009074206j:plain

2階へ上がってすぐに、「搭乗待合室」と書かれたドアがあり、このドアの向こう側に保安検査場があります。

ここをくぐれば、東京まで1時間でいけちゃうんですね、本当に早く乗りたい。これは本音。

左のおくには、展望台への階段があります。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009074229j:plain

そして、ここから振り返ると、見慣れた青い文字・・・、「ANA FESTA」があるじゃないですか。

意外な展開にテンションが上がりました。ANAはこんな小さな地方空港(失礼)へも、ちゃんと出店してくれているのですね。

 

というわけで、ANAカードの10%オフ特典を受けるべく、お土産を買ってソラチカで支払いしました。

さっきご当地カレーを買わなくて良かった(笑)

 

ここでとっておきの情報なんですが、鳥取県人が愛してやまない地元の名産品「ふろしきまんじゅう」(画面右手に、わざわざブースが用意されています)は、ANAカードの割引特典が受けられません。

この事実を知った鳥取県人は、きっとショックで寝込みます。知らなくていい真実を教えてしまって、ごめんなさい。

でも、私は「ふろしきまんじゅう」を買って帰りましたので、売り上げに貢献してきましたよ。

 

国際線ターミナル2階へ

このANA FESTAのすぐ隣に、国際線ターミナルへの連絡通路がありました。

先ほどは、2階にあがっていなかったので、移動してみます。

 

f:id:ana-zoom:20161009074332j:plain

連絡通路を渡ると、そこには、スターバックスコーヒーが鳥取県にだけいつまでも出店しないコトに、業を煮やした鳥取県が作った(?)、鳥取県を代表するカフェ、「すなば珈琲」がありました。

※2016年10月8日現在、スタバは鳥取県に出店しています。出店したときは、ニュースで大きく取り上げられていました。

 

良く見ると、いつも小学生の探偵ごっこに付きあわされて疲れているっぽい、探偵の毛利小五郎さんがカウンターでコーヒーを飲んでいます。

結構お金かかっていますね、これは鳥取タッチの撮影スポットになりそうですよ。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009074504j:plain

f:id:ana-zoom:20161009074528j:plain

せっかくなので、すなば珈琲で休憩していると、本棚がありました。

その蔵書は、鳥取県を代表する漫画家の皆さんが書かれたマンガでした。

「名探偵コナン」や、ゲゲゲの鬼太郎の作者である「水木しげる」の作品が並んでいます。

他にも数名の漫画家の名前がありましたが、鳥取県は、たくさんの漫画家を輩出してるんですね。

 

f:id:ana-zoom:20161009074607j:plain

どさくさにまぎれて、「花のあすか組!」が混じっていました。

懐かしい、懐かしすぎます。きっと知らない人が多いと思うので、詳しくはやめておきましょう。

テレビドラマでは、小沢なつきとか出てましたよね。今頃何をしているんでしょうか?

ここは是非、「ホットロード」もそろえて欲しいですね。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009074644j:plain

すなば珈琲のコーヒーカップの底には、ラクダのイラストが描いてありました。

写真を撮っている人がいたので、なにしているのか不思議に思っていたのですが、コーヒーを飲み終えて納得です。

砂丘で有名な、鳥取県らしいイラストだと思います。

 

 

f:id:ana-zoom:20161009074735j:plain

休憩が終わったころに、羽田からANA1101便10分遅れで到着するとアナウンスがあったので、展望台へと移動。

関西国際空港とは違って、本当に距離が近く、目の前に駐機してくれたので、スマホでも大きく写真を撮るコトができました。

やっぱり飛行機を見ると、テンションがあがります。

 

f:id:ana-zoom:20161009074800j:plain

着陸前に、クルーの皆さんがぞろぞろと集まってきて、打ち合わせをしていたり、乗客が降りるのと入れ違いに、機内の掃除をする人たちが急いで入っていったり、荷物を貨物室から取り出して運んでいく人(プライオリティータグ付いてるのかな?とか思いながら見てました)、逆に荷物を運んで貨物室に入れる人、ものすごくたくさんのクルーが関わって、やっと飛行機が一機飛ぶんだな~と、感慨深く見守っていました。

 

駐機してる真正面から、夫婦でパシャパシャやっていたので、パイロットの方が、こっちへ向かって手を振ってくれたのも印象的でしたね。

そして今度は、展望台から見る側ではなく、そっちの機内から離陸して空港を見下ろしてやるぞ!と、陸マイラー活動への決意を新たに、鳥取空港を後にして、帰路へとつきました。

 

まとめ

鳥取空港(TTJ:鳥取砂丘コナン空港)は、小さな地方空港ですが、東京(羽田)へ、毎日ANAの定期便が5便就航しています。

小さい地方空港だからこそ、展望台からANA機を間近に見られますし、ANA FESTAもあり、ANAカードの特典(10%オフ)を受けるコトもできます。

また、地方空港らしく駐車場は無料ですので、特典航空券と組み合わせると、無料で旅行が出来てしまいます。

 

ブログのネタとして、SFC修行のルートがマンネリ化していると思っているブロガーさん、鳥取タッチで砂丘とカレーとすなばコーヒーはいかがですか?

私は鳥取県民ではありませんが、身近な空港として紹介しておきます。是非鳥取空港をご利用ください。

 

【更新】2016年12月10日

コチラの記事を「鳥取空港 ラウンジ」で検索してくださる方が多くおられるので、追記します。

鳥取空港には、カードラウンジ(有料ラウンジ)、ANAラウンジなどのラウンジがありません。

もし、飛行機で移動する目的のひとつに、ラウンジの利用があるのでしたら、同じく鳥取県の西側にある、米子空港(YJG:米子鬼太郎空港)にはラウンジがありますので、そちらを利用するコトをご検討いただくと良いと思います。

米子空港(YJG:米子鬼太郎空港)ラウンジ大仙

 

押していただけるとうれしいです


にほんブログ村

 

おすすめ記事

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

www.ana-zoom.com

 

 

スポンサーリンク